必要なものだけを持っていく

旅行に出かける場合で、宿泊を伴うとかなり荷物の量が多くなるのが普通です。自家用車を使って目的地に行くのであれば、ある程度の量の荷物を積んでも問題なく移動できるでしょう。しかし、移動が電車やバスや飛行機になれば、乗降や乗り換えの時に大きな荷物を持つのは大変です。また飛行機利用でも飛行場までは電車やバスでの移動になるでしょうから、飛行場までが大変です。自家用車で旅行に出かける以外では、できるだけ荷物はコンパクトにまとめておきましょう。 荷物をできるだけ少なくすることで、移動がとても楽になります。荷物をできるだけ少なくする方法は、現地調達を基本と考えることです。こうすることで、本当に必要なものだけを持っていくことになります。本当に必要なものは現金やキャッシュカードや運転免許証や着替えです。基本的にはこれだけあれば旅行は成立するでしょう。あとは自分が本当に必要なもの、あれば便利なもの等わけて持参するものとそうではないものに振り分けます。

 

現地調達を基本としよう

女性の場合は、お風呂に入る時にはシャンプーやリンスやトリートメント、さらには洗顔では石鹸等が必要になるでしょう。宿泊施設に備え付けになっていることが多いですから、これらはあえて持っていく必要はないかもしれません。しかし、どうしても自分が普段から使っているものでないとだめな場合は持参しましょう。あとは、現地調達を基本としておき、できるだけ観光先で購入できるものは購入しましょう。